Hikikomori読書倶楽部

読書と子育てと私(女)のこと

「子供を本好きにするには」5カ条

こんにちは、Chaiです。

子供が通う幼稚園が休園になり、ほぼ1ヶ月が経ちました。

そして今学期はそのまま終了し、新学期(9月)まで幼稚園再開が延期されました。泣

 

なるべく規則正しい生活を維持しようとしていますが、私も疲れて気が緩み少しずつ就寝時間が遅くなってきています。

そうなると一番に影響が出てくるのが、我が家では絵本の時間です。読み聞かせの時間が段々短くなってきてる気がします。

 

私が読書が好きで、我が息子にも読書の良さが伝われば良いなぁと、絵本の読み聞かせを頑張ってはいるのですが、今の所、絵本よりもレゴが好き。そしてテレビも大好きです。

 

最近ネットで見た、子どもが選んだ本に文句言っちゃダメ! 出版社の「5カ条」が話題に

のポスターを見つけて、なるほど。。。私もこれを肝に命じておかなければと思い、

 

備忘録としてリンクをシェアしておきます。

 

withnews.jp

 

自分で選ぶ自由

リンクの記事を見てもらえれば分かるように、ポイントは4番目だと思います。

 

 子供がどんな本を選んでも決して文句を言わない。

 

これがね、難しいですよ。。。

 

本だけじゃありません。スーパーへ行って自由にお菓子を選んでいいよ。玩具屋へ行って、今日は好きなおもちゃを買ってもいいよ。と言うと、どエライもんを選んでくる時があります。

 

なるべく本人を尊重して文句や小言は言いたくないとは思うのですが、ダメですねぇ。。。私は結構言っちゃってます。

 

ここを親がどこまで我慢できるか。どの辺で折り合いをつけるかで、子供の「好き」を応援することになるのか、好きに繋がる前に芽を摘んでしまうことになるかだと思います。

 

 お店に行って買うワクワク

私が個人的に思うのは、直接お店に行って買うという行為も時には必要かなと思います。

最近はレゴでも絵本でも、何でもネットで買った方が種類は多いし、価格は安いし、配達も早くて良いことづくしなのですが、お店に行って自分で選ぶ時のワクワクの表情は、ネット購入で手元に届いた時には見られません。

 

なので敢えて、一緒にお店に行って自分で選んもらう。というのを時々やってます。親の私は、心の中で「ネットの方が〇○%安かったな、これ。」と呟きつつも、思考を無にしながらレジでお金を支払います。

 

これで我が子が、自分で選ぶ自由を経験できた!と楽しんでもらえるとしたら本望です。

 

まとめ

現在私が住んでいる国は英語圏でもなく、本屋に行っても息子の気を引く絵本はあっても実際にその場で購入するというのができません。

 

実にもったいないぁと思う環境ではありますが、日本に帰国した時には必ず絵本を書店に一緒に買いに行くというのをミッションとしてやりたいと思います。

 

参考までに、以前書いたこちらの記事もシェアしておきます。

 

chai-hikikomori.hatenablog.com