Hikikomori読書倶楽部

読書と子育てと私(女)のこと

ローランド様に学ぶ生き方

こんにちは、Chaiです。

外出制限も3週間が過ぎ、家に籠もっていると鬱々とした気分になる時があります。

積読リストから何となく手にした本、俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

を一旦開き、今の気分じゃないなとすぐに閉じて、、、また何気なく開いてみたら一気読みしてしまいました。

 

究極に自分軸で生きるローランド様に、今更ですが魅了されてしまったようです。

 

新型コロナウィルスのパンデミックにより、世界が混沌としている中で先行き不安を感じている人も多いのではないかと思います。さらに外出自粛で家にいる時間が増え、否が応でも自分と向き合う時間が増えてしまっているという状況。

 

この機会を逆向きに捉えて、とことん自分に向き合い、自分にとっての幸せとは何なのか。自分の人生においての価値観など、この際、ローランド様に倣って思いっきり自分軸に沿って考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

名言が多い!ローランド様

この本を読む前は、少しテレビで観た程度でしか知らなかったローランド様。自意識過剰な口達者の若者だなという印象しかありませんでした。

 

でも、名言の1つ1つを紐解いていくと、彼が自分で考え、自分なりの答えを出し、それに沿って忠実に行動する生き方は、他人の意見や忠告を微塵も寄せ付けない、頑なまでに自分に正直に生きる、普通の人には到底真似出来ないほどの超超完璧主義者。

 

こういう人をナルシストとも呼びますが、ナルシストも究極までいくと超人ですよ。だから彼の言葉を名言だと認める人が沢山いるのでしょう。

 

ローランド様の美

私が一番心に残った章です。家族以外の人に会うことのないほぼ引きこもりの私にとっては耳(目)の痛い内容ばかりで、でも逆に自分はどういう美学でもって毎日を、しいては残りの人生を生きていきたいのかを考え直すきっかけになりました。(やっぱり女性ですので、いつまでも美しくありたいという気持ちはあります。)

 

ちなみにローランド様のとは、

 

  • エレガントであること。
  • 洗練されていること。
  • 意図的に生活感を排除する。
  • 身なりは人を作る。
  • 人が観てない時こそ格好つける。

 

ほぼ日常着が緩めのヨガウェアで過ごしている私は、どんな顔をしているのでしょうか。多分印象薄めの中年のおばさんですね、きっと。

 

人に見られているという意識が、時には自分にポジティブな働きかけをするというのはわかっています。外国人として特異な目線で見られることもあり、なるべく影のようになって暮らしていきたいと思っていた私は、人の目線にはかなり敏感です。怯えていると言ってもいいくらい。

 

でも、人が見ていなくても自分は自分を見ている。だらしない自分にこれでいいのか。と厳しい目線で見ている。そこを意識しているんですよね、ローランド様は。

 

そして、私にとっては平凡であるこの日常生活が全てです。生活感を排除するのは難しい。でももう少し丁寧に生活することで、日常を少し特別なものに出来ないかなと思いました。

 

まとめ

 コロナパンデミックによる世界の混乱は、何かが大きく変わる変化の時期だと思います。私が感じるのは、

 

人々の生き方や価値観

 

がもっと多様化し、個人ベースの時代が加速、実現化するのではないかなと思います。だから自分軸に立って、何が自分にとって幸せなのか、自分はどう生きたいのかなどを考える必要があるのでは。

 

もう安全、安心の将来へ続く道なんてないのです。自分がどうしたいか。自分がどう感じるか。が全てだと思います。

 

私は意志の弱いへなちょこなので、到底ローランド様のようになれるとは思いませんが、

 

自分軸で自分のことを考える。

 

当たり前だけど、なかなかできていなかった新しい視点を学びました。